紅葉の碓氷峠(後編) 碓氷第三橋梁と熊ノ平駅

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

前回、散策した発電所の廃墟からさらに先に進むとこのアプトの道の名物である碓氷第三橋梁(通称:めがね橋)があります。

 

前編はこちらです♪

紅葉の碓氷峠(前編) アプトの道と旧丸山変電所

 

 

 

 

丸山変電所の先のトンネルを進む

 

発電所を過ぎて先に進んでいくと、トンネルが見えてきます。

なんだか「千と千尋の神隠し」って感じの雰囲気ですね。

 

元来、鉄道が通っていたこともあり、様々な種類のトンネルの中を歩くことになります。

 

あぁ、これは良いひび割れ方ですねぇ…

隙間から草が生えてきているのもいい感じ。

 

 

碓氷第三橋梁(めがね橋)に到着?

 

五つものトンネルを抜けてようやくめがね橋に到着する。

この案内板にもある通り、最初はどこにあるの?と思わず探してしまいます。

 

そう、実は先ほどまで橋の上を歩いていたのです!

そのため、碓氷第三橋梁をこの目に収めるためには、脇にある階段から下に降りる必要があります。

 

階段から降りると、美しいレンガアーチの橋を写真に収めることができました!

 

真下から見上げて撮ってみるとこんな感じ。

 

別の角度からも撮影。明治に竣工するも昭和38年に廃線となった。

今に至るまで修復されながらも、現在も立派に聳え立つ様には圧倒されますね。

使用されているレンガはなんと202万8千個にも及び、作業は非常に困難を極めたとのこと。

 

実際、トンネルや橋梁の建設作業中の事故で多くの人が亡くなったそう。

アプトの道の途中には鎮魂碑があります。

 

 

甲、乙横坑を通り碓氷第六橋梁へ

 

めがね橋を見た後は目標達成で帰りたくなりそうですが、実はまだ先にトンネルがあります。

 

このトンネルは工期を短縮する目的で途中で穴を掘っており、これは甲、乙横坑と呼ばれてます。

 

適度にボロボロなトンネルの出口です。これはなかなか!

 

途中で通った碓氷第六橋梁はめがね橋に次ぐ規模で、唯一のフランス積みレンガらしいです。

 

 

さらに奥の旧熊ノ平駅へ

 

さらに先へ進むと、熊ノ平駅があった場所に到着します。

廃線跡が原型を留めておりますが、少し寂しさを感じます。

ここは、知る人ぞ知る心霊スポットらしいですよ。

 

今は亡きアプト式開通の石碑があります。

碓氷峠の急勾配を越えるためのアプト式は当時、最先端の技術だったのでしょう…

 

すぐ近くに熊ノ平変電所の廃墟もあります。

中は立ち入り禁止で私は入りませんでしたが、金網が破られた部分があります。

 

廃墟マニアは実際に内部に侵入しているようで、ディープな世界が見られそうです。

気になる方は自己責任で探索するか、実際に入った人のブログを見るといいかも!

 

変電所の敷地内にサルがいて少し驚きました(笑)

 

ついでに碓氷湖もちょこっと見学。

紅葉と湖、奥に橋が写りなかなかインスタ映えしそう!(インスタやったことないけどw)

 

 

峠の湯に立ち寄ったあと帰路につく

 

 

たくさん歩いて少し疲れたので、帰りは峠の湯へ立ち寄り。

めがね橋のアーチをイメージしており、非常に意匠を凝らした造りで面白いです!

 

 

日が暮れてきたので、そろそろ帰ろうと思ったところ、横川駅まで意外と距離があることに気づいて急いで帰路につきます。

 

途中で夕暮れの丸山変電所に見とれて時間をロスした影響もあり、あと数分のところで何とか発車時間に間に合いました。危なかった(笑)

これは地方あるあるですが、電車を逃すと一時間ぐらい普通に待つことになるので恐ろしいw

 

アプトの道では、このように芸術的な建築物や歴史的な廃墟群を見られるので、紅葉の時期等にお散歩気分で探索してみると楽しいですよ!

ただ、熊や山ヒル等の少々危険な生物に出くわす可能性があるので気をつけましょう(笑)

 

 

ちょっとしたオマケ

 

探索の帰り道に買ったお土産

 

群馬県特産の正田醤油を使ったうま辛煎餅。

コレ、めっちゃ美味しいです!

少し濃い味の醤油が煎餅にしっかりと絡み、思わず手が伸びてしまうあと引く旨さ。

 

やま柿という干し柿のお菓子。

形は整ってますが、感覚としては干し柿をそのまま食べるのとあまり変わらないです。

素朴な味わいで美味しいけど、何個か食べると飽きます笑

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

little entrepreneur

「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)