横須賀市の鷹取山で自然観察をしてきました

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

 

横須賀市には、過去に凝灰岩の採石場として開発された鷹取山があります。

今回は、そこで地元の方々と自然観察をしてきたので見聞したことを書いていきます。

 

鷹取山までの道を何気なく歩いている時、案内して下さっている方々が足を止めました。

何かあるのかな?と地面を見てみると、

アメリカフウロのロゼットです。ロゼットとは、地面に葉をくっつけて暖をとり、冬を越す形状のことらしいです。

今まで全く気にしたことがなかったのでなんだか新鮮でした。

 

鷹取山までの道すがら、気になる場所で何度か足を止め一行は現地に向かいます。

 

 

 

色々な植物の冬芽を観察

 

今回のハイキングの主な目的は植物の冬芽を観察することです。

 

この冬芽は鱗のような皮で覆われた鱗芽と呼ばれ、春に開花するまで葉や花を守ってくれます。

 

 

葉っぱの裏に虫かぶがついてます。うげげ…

 

枝の先についてるマッチ棒の先っちょのような白いのがニガキの冬芽です。

聞いたところによると、太田胃散に粉が使われているみたいで驚きです(笑)

 

 

タブノキの冬芽です。大きくてたくましいですね。

 

アラカシの冬芽でうどん粉病に罹っております。

カビや菌が寄生しているらしい。

 

真っ赤な冬芽のクマノミズキです。

様々な芽があり、違いを楽しめますね。

 

画像が荒いですが、先っぽがゴンズイの冬芽です。

検索してみると、魚の名前からきており、その意味は「役立たず」だそうです…ひどい(笑)

 

京急田浦駅方面から入ったのですが、結構狭い道が多いので足を踏み外さないように気をつけて進みます。

 

 

山の中の様々な植物たち

 

冬場でも山の中には様々な植物が観察できます。

 

鬼を縛ることができるほど強靭であることからオニシバリと呼ばれ、この黄色い花が咲いているのは雌株です。

 

わたあめみたいでかわいいなと思って観察していると、後ろからそれはヨモギの虫かぶだと教えていただき仰天…

 

ときり豆(調べると痰切豆ともいう)と呼ばれる植物です。

煎じると薬になるのが名前の由来のようですが、実際は特に何の効果もないようです。

っておいおいw

 

ノシランの実です。

色鮮やかな藍色で非常にきれいですね。

 

枯れたガマズミの花です。これはこれで味がありますね。

 

枝の生え方が特殊なコクサギの木です。ミカン科で葉はアゲハ蝶が食用にするそう。

 

種が飛んだあとのトリカブトです。

烏帽子のような形が名前の由来で、正面より横から撮影する方がきれいに撮れると教えていただきました。

 

秋口に色鮮やかな青い花が咲きますが、葉から根に至るまでがあるので、触れたら必ず手を洗いましょう。

ふと思ったのですが、これを摘んで売り捌いたりしたら手が後ろに回りますね(笑)

 

シラカシといい、葉が波打つような形状です。

 

地中に埋もれている冬の花です。(名前忘れちゃった…)

触ると結構固く、蝶が食用にするらしいです。

 

カワラダケの一種とのこと。

同行した方々は皆、植物の知識が豊富です。

 

 

寒い中でも躍動する生命たち

 

この季節ですが、鳥やリス、昆虫の繭など生命の息吹を感じる光景を目にすることができます。

 

道中に何度か見たカマキリの繭です。冬を越してどのような姿になるのでしょうか。

 

ウスタビガと呼ばれる蛾の繭が木の枝についており、どうやら非常に珍しいみたい。

自然な黄緑色と線のような模様が特徴的ですね。

 

野生のタイワンリスです。木の実をむしゃむしゃ食べてました。

シャッターチャンスがあまりなく写ったのがぼんやりとした後ろ姿で残念…

 

飛び立つ前にヒヨドリを撮ることができました。やった!

 

追浜方面の出口付近にムクドリが止まっていました。

 

 

冬の鷹取山の自然を満喫

 

鷹取山は寒い時期でも気軽にハイキングができるのがいいところ。

 

鷹取山名物の「磨崖仏」は今日もご健在。

 

今回はなかなか寒かったですが、冬の鷹取山を思う存分楽しむことができました。

ここでは四季折々の自然を味わうことができ、季節によって山の様子は大きく変化します。

 

都会の喧騒を忘れることができる素晴らしい時間でした。

また鷹取山で自然観察をしたいと思います。

 

夏に散策した時の記事もありますので興味があればどうぞ。

横須賀市と逗子市の辺境「鷹取山」で低山ハイキング

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

little entrepreneur

「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)