心霊現象も?奥多摩の廃村「峰集落」にアクセスしてみた

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

 

先日、都内の「秘境」とも呼べる奥多摩に行きました。

 

今回の目的は、山中にある「峰集落」と呼ばれる廃村を散策すること。

山歩きをするのは、登山がしたいからではないです(笑)

 

峰集落はかつて柳田國男が訪れた場所とされ、知る人ぞ知る廃村なんです。

通常は、廃村という言葉からはネガティブなイメージが先行しがちだと思いますが、なんだか神秘的で惹かれるものがあります…

 

事前に調べた情報によると、峰集落へは鳩ノ巣駅からアクセスするのが手っ取り早そうです。

 

 

 

鳩ノ巣駅から本仁田山・川乗山方面の登山口へ

 

東京とは思えない雰囲気の鳩ノ巣駅です。駅舎が古めかしくて趣がありますね!

 

駅を出て少し進んだところにある踏切を渡り、道なりに登山口まで坂道を上ります。

 

坂道は意外と急斜面になっており、登山口につく頃にはもうへとへとです…

 

本仁田山・川乗山方面の登山口です。入口は狭いので、並んで歩くのは難しそうです…

 

 

まずは、中間地点「山の神」を目指して山登り

 

ゴツゴツした道を進みます。割と本格的な登山だぞコレ…

運動不足でもやしっ子な私は、登り始めて数分でわき腹が痛くなりました(笑)

 

自然に囲まれた道をひたすら歩いていく。めっちゃマイナスイオン感じます!

この時期は、虫が少ないから助かります。

 

40分ほど登ってようやく一息つける場所、通称「山の神」に到着です。

 

大根山の神…だ、だいこん?

なわけないか(笑)

 

祠のようなものがあり、何やら神聖そうな雰囲気ですね。

 

近くには、なかなかワイルドなベンチがあります。

 

 

山の神から伝説の廃村「峰集落」へ向かう

 

山の神を通り過ぎたら、まっすぐ道なりに進んでいきます。

実は以前、初夏の季節に訪れたことがあるのですが、その時はこの辺でスズメバチに付き纏われて泣く泣く探索を断念しました…

 

道の脇に伐採された樹木が積まれています。

 

この辺からは山道を外れることになるので、段々と道ではなくなっていきます(笑)

 

古い空き缶が落ちてました。

いつの時代のファンタでしょうか?

 

意味ありげに置かれた急須です。インスタ映えしそう!(インスタやってないけどw)

 

 

峰集落に到着し、廃村の内部を探索

 

峰集落の看板が見当たらなかったのは残念ですが、いよいよ集落内部を探索します。

 

様々なものが至る所に散乱しており、峰集落における生活の痕跡が見て取れます。

 

山奥の廃村でポツンと寂しそうな佇まいです日天神社という名称らしい。

かつては、村の住人たちがここでお参りしていたのでしょうか。

静寂の廃村の中でも、ひときわ存在感を放ってました。

 

ドラム缶が放置されており、中には氷が張ってました。

 

井戸がそこかしこにあります。昔は村の中で自然と一体化した生活が成り立っていた。

 

建物がペシャンコに倒壊した跡もそのまま残ってます。

当時ここで生活していた人たちがいたのか…

時の流れを感じる光景です。

 

錆びついたガスボンベのような物体と足踏み式ミシンの残骸らしきものが放置されている。

 

散乱している物体でとても目立つものがあり、思わず足を止めました…

 

ヒェ…もうちょっとで悲鳴を上げるところでした。こんなん怖いわ!(泣)

 

この人形は峰集落の名物であり、廃村好きの間では結構有名らしいです。

以前、別のブロガーさんの写真で見たときはバラバラではなかったはずですが…

 

誰かが解体したのか、はたまた嵐や災害とかで自然に壊れたのか。

個人的には後者であってほしいですね(笑)

 

 

実際に峰集落の様子を目の当たりにして

 

こんな感じで、二度目の挑戦でついに、行ってみたかった峰集落までアクセスできました!

 

もう40年以上も前に村の長老が下山して以来、峰集落はずっと廃村のようです。

自然豊かな地で確かな暮らしの跡を目に焼き付けることができて良かった!

 

帰りにふもとにある熊野神社に寄ってみました。

下山中なんだか頭が痛かったので、ここでお祓いできていたらいいな(笑)

 

 

少し怖いですが、とても静かで神秘的な場所でした!

ただ、足腰が地味に辛いw

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    little entrepreneur

    「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)