廃墟探索や山登りは危険がたくさん?熊や雀蜂と遭遇時の対策について

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

 

廃墟を探索する際には山奥や森の中に行くことが多いため、基本的に危険と隣り合わせです。

今回は、廃墟探索や山登りで遭遇する危険生物の中で、特に気をつけた方が良さそうな「」と「雀蜂」に関する知識をまとめます。

 

目次がやけに縦長になりましたが、3分くらいで読めると思いますよ(笑)

 

 

 

熊の特徴について

 

まずは、熊さんから

(実物はこんなにかわいくないよ!笑)

熊については、生息しているかどうかは目的地によって異なるため、事前にググってみるといいです。

もし、目撃情報などがあれば、対策が必要でしょう。

 

熊は基本的に憶病な性格であり、人の気配を察するとさっさと逃げることが多いです。

ポケモンでも憶病だと素早さが成長しますからね…(何の話だ!)

 

ただ、子供と一緒に行動している場合は防衛本能で攻撃的になる恐れがあります。

 

 

熊への対策

 

それでは、熊による被害を避けるためにできることは何か?

 

熊と遭遇しないようにする

 

一つ目は、熊と遭遇しないようにすることです。当たり前かな(笑)

 

熊は音に敏感なため、誰かが来る気配を感じると逃げることが多い。

そのため、複数人でお話をしながら歩いたり、熊鈴を持ち歩いて音を鳴らすと良いです。

 

私は単独で出かけることが多いため、こんな感じの熊鈴を持ち歩いています!

 

ただ、最近の熊の行動については、人の気配を察すると興味本位で近づいてくるという説もあります。

そのため、上記の対策にどこまで信憑性があるかは正直、微妙なところです…

 

確実なことは言えませんが、お守り程度の認識で持っていた方が良さそう。

恐らく、山道を外れたりしなければ遭遇の確率は低いと思うので必要以上に怖がることはないと思います。

 

心霊現象も?奥多摩の廃村「峰集落」にアクセスしてみた

こういう山道から外れる場所に行く時には、心して向かいましょう(笑)

 

 

遭遇した場合は焦らずゆっくり離れる

 

万が一、遭遇した際には、怖いですが熊から極力目をそらさずにゆっくりと後ずさりしながら離れるのが定石です。

 

熊は機敏に動くものに執着します。

怖くても、決して焦って行動してはいけません。

 

背中を向けて急いで逃げると追いかけられる可能性が高いことには注意です!

 

 

万が一、襲い掛かってきた時は最終手段で熊を威嚇する

 

運悪く凶暴な熊に出会ってしまった時は、最終手段として戦う必要があるかもしれません。

 

巷で販売されている熊撃退スプレー等を使用するのが良さそう。

(1万円以上かかり、高いのが難点)

 

大きな音を鳴らしたり、柄の長い棒状の物体を突き出して威嚇するのも有効かも。

 

万が一の際に持っていくIDホイッスルです。(音を鳴らすのが地味にムズい…)

熊を威嚇するだけではなく、自分の身元を記載した紙を封入できます。

 

素手で撃退したおじいちゃんが一時期話題になりましたが、あれは常人には無理です(笑)

 

どうにもならない場合は、わずかな望みに賭けて自分の急所である首を手で覆い、体を丸めて地面に突っ伏すことです。

少なくとも、棒立ちよりは生存確率が上がると思います。

 

まあ、熊の立場としては山に勝手に入ってきた人間にスプレーとか散布されたらたまったもんじゃないですよね(笑)

お互いに刺激せず、穏便に済ませることができるのに越したことはない。

 

 

雀蜂の特徴について

 

お次は、雀蜂についてです。

 

こちらは数が多い分、実は熊よりも危険かもしれません。

気候が温暖になるにつれて繁殖していくので、7月から9月くらいに活発に行動します。

特に、コロニーが形成されていく秋口は最も危険なようです。

 

一回刺されたことがある人は、再び刺されるとアレルギー反応を起こし死に至ることもある「アナフィラキシーショック」は有名です。

 

昔、ハンターハンターでクラピカが解説してくれてましたね(笑)

「HUNTER×HUNTER、JUMP COMICS、(株)集英社、富樫義博」より引用

 

まず、巣の半径10m以内に近づくと、偵察蜂が周囲を飛び回ります。

その場から離れなければ、警告として歯をカチカチと鳴らし威嚇をします。

そして、その時点で立ち去らないと刺される可能性が高いです。

 

また、凶暴性が高い時期の場合は、警告なしで刺されることもあります…怖すぎ!

 

 

雀蜂への対策

 

雀蜂って数が多いし小回りが利くので、対策が難しそうですよね(泣)

ここでは、雀蜂の対策を考えます。

 

周囲を飛び回る時は、なるべく早くその場から立ち去る

 

蜂が何度も自分の周囲を飛び回るということは、巣が近くにあることを示してます。

これは、外敵から身を守るための行動であり、警告を無視すれば刺されるリスクも高まります。

そのため、一刻も早くその場から立ち去りましょう。

 

 

近寄ってきても決して手で振り払わない

 

蜂を振り払おうとすれば攻撃とみなされ、たぶん刺されます。

 

また、威嚇するならまだしも、叩き潰したり踏んづけたりしたらヤバいです…

その体液が他の蜂を呼び寄せるので、地獄絵図になるでしょう。

 

怖いし気持ち悪いですが、そこは我慢してゆっくりその場から立ち去りましょう…

 

 

自分の匂いや服装に気をつける

 

雀蜂は、刺激の強い匂いや黒い色に過剰に反応します。

 

そのため、整髪料や香水等の刺激臭のするものをつけたり、黒い服を着るのは控えた方がいいです。

髪の毛が黒い場合は、帽子をかぶって探索した方が安全でしょう。

 

また、私はハッカのエキスを使ったスプレーをつけています。

ハッカは虫除けになるだけでなく、夏場は清涼感があっていいですよ!

 

さらに、雀蜂の巣は地中に形成されることもあり、うっかり踏んづけないよう足元にも気をつける必要があります。

(全くもって恐ろしい限り…)

 

 

熊と雀蜂の対策まとめ

 

の対策は、

  • 遭遇しないように、熊鈴をつけたり複数人で歩いて音を立てること
  • 遭遇した場合は、熊から目を離さずに焦らずゆっくりと後ずさりしてその場から離れる
  • もし攻撃された場合は、最終手段として威嚇をしたり自分の急所を守る。

 

雀蜂の対策は、

  • 周囲を何度も飛び回るようなら、落ち着いてその場から離れる
  • たとえ近寄ってきたとしても、絶対に威嚇しないこと
  • 自分の匂い(整髪料や香水等)や服装(黒は避ける)に気をつけること

 

共通点としては焦らず落ち着いて対処することでしょうか。

 

こんな感じで対処法をまとめてみましたが

正直、どうにもならない感じもする(笑)

 

実際に遭遇するかどうかは運の要素も大きいと思います。

それでも、事前にできる対策はしておくに越したことはないのは間違いないです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

little entrepreneur

「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)