あの吉田茂も来訪? 竹内農場の廃墟「赤レンガ西洋館」を見物(茨城県 龍ヶ崎市)

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

先日、茨城県龍ヶ崎市に位置する竹内牧場と呼ばれる地域に行き、レンガ造りの建物の廃墟を見物しました。

 

 

 

佐貫駅からニュータウン長山の竹内農場へ

 

佐貫駅から閑静な住宅地が広がるニュータウン長山まで向かいます。

そこから徒歩10分ほどの場所に竹内農場はあります。

 

周囲には畑が広がっており、のどかな雰囲気です。

 

以前は鬱蒼と茂る森林に囲まれていたようでしたが、現在は整備されており、割と見通しは明るかったです。

 

 

建物の中だけではなく敷地内も立入禁止

 

しばらく進むと、赤レンガ西洋館らしき建物が見えてきました…が

 

立入禁止 by 地主

 

建物の内部は立入禁止と伺ってはいたのですが、まさか周囲の土地も網で覆われてしまっているとは…

これは大きな誤算です。Orz

これじゃあ、頑張ってズームしても内部の様子を写せないではないかあああああああ!

 

まあ、不満を言っても仕方がないので、可能な範囲で建物の外観を撮影しました。

 

 

美しい赤レンガ西洋館の廃墟

 

廃墟ではありますが、保存状態はそこそこ良さそうです。これが大正時代に建設された建物というから驚き!

 

建物の正面を拡大。ひび割れ具合が時の流れを感じさせ素敵です!

 

ついつい、いろいろな角度から撮影したくなります。

 

おしゃれな外観ですが、所々に落書きされているのが悲しいです…

何を考えてこの芸術品を汚すような真似をするのかが全く理解できません。

こういう輩が問題になったことで立入禁止になった経緯があったようで、なんとも迷惑な話です…

廃墟探索は、物を破壊せず静かに行うのが鉄則です!

 

建物の2階部分をズーム。なかなか意匠を凝らした造りですね。

異なるサイズの煉瓦が交互に積まれていることからイギリス積みと推測されます。

 

建物の裏手も撮影。内部に入りたいなぁ…と思いながらもここは我慢。

 

実は、いくらか網が破られている部分があったので入ろうと思えばできたのですが、不法侵入になるのでもちろん断念しました。

ただ、絶対中に侵入した人いるでしょコレ笑

 

 

この赤レンガ西洋館ですが、市民の有志で結成されたNPO法人によって保存活動が進められているようです。

撮影できなかった中の様子は、現地のNPO法人のホームページ上に写真付きで紹介されています。

気になる方はご覧になってみて下さい!

 

 

竹内農場は吉田茂ゆかりの地

 

この廃墟、実は結構歴史のある由緒正しい建物です。

それは、なんと戦後の日本で内閣総理大臣を務めた吉田茂も来訪した場所ということ!

 

西洋館は吉田茂の実兄の竹内明太郎が経営していた農場の中に立地してました。

竹内明太郎は小松製作所や日産等の有名企業を創設した人であり、この赤レンガ西洋館には政財界の要人が頻繁に出入りしていたとのこと。

 

また、西洋館に使用されているレンガは上敷免製(じょうしきめんせい)と呼ばれる高級煉瓦であり、東京駅の丸の内駅舎法務省などにも利用されているそうです。

現在は廃墟となってしまいましたが、大正時代から現在まで残存する遺構と考えると、感慨深いものがあります。

このような歴史的価値のある建物は是非とも大切に保存できるといいですね。

 

そういえば、以前も素敵なレンガの廃墟に行きました。

参考:

紅葉の碓氷峠(前編) アプトの道と旧丸山変電所

この時は変電所の廃墟でしたが、レンガ造りの建物は思わず見入ってしまう魅力があります!

 

今回は敷地内に入れない関係上、網の隙間にカメラのレンズを通して様々な角度から撮るという涙ぐましい努力をしていました。

(追記:この時はスマホとコンデジで撮影していたため、遠くから撮る際にズームもイマイチでなんだか不完全燃焼でした。また来訪するかどうかは微妙です笑)

気がつけば、これだけのために30分くらいは経過していたから驚きですw

 

白昼堂々と若い兄ちゃんがカメラを構えて食い入るように建物を撮影している様は、傍から見ると怪しかったかもしれません笑

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2020

2 件のコメント

    • 写真についてお褒めいただき、ありがとうございます(^^♪
      Rさんのコメント、いつも励みになります!

      廃墟の中でも特にレンガ造りの建物に魅力を感じますね。

      写真はいつもコンパクトデジカメで撮影しております。軽いのでw
      最近のカメラは小さくても意外と画質がいいのかもしれません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    little entrepreneur

    「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)