ストレングスファインダーで資質の診断をした結果

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

最近、巷で話題のストレングス・ファインダーを購入しました。

 

この本は、パソコンで診断テストを受けることで自分の資質がわかるというもの。

どんな生き方が自分に向いているかというのは、多くの人が気になるところでしょう。

 

巻末には、テストを受けるためのアクセスコードが付属しており、一冊につき一回だけ利用することが可能です。

 

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版

STRENGTHS FINDER 2.0

トム・ラス、古屋博子(訳)

 

 

 

ストレングス・ファインダーとは?

 

今から20年ほど前に、アメリカ心理学会に「強みの心理学の父」として表彰されたクリフトン博士が開発した資質の診断方法です。

 

通常、私たちは教育から社会生活、はたまた臨終を迎えるまで「強み」を伸ばすことよりも「欠点」を無くすために多くの時間を割く傾向にあります。

 

しかし、筆者によると欠点を克服するための努力はいばらの道で非効率とのこと。

本来の人間は長所を伸ばすことに自分の力を注いだ方がはるかに成長できるそうです。

 

確かに、人それぞれどんなことに適性があるかは異なりますし、みんな横並びで同じように生きていくことは事実上不可能だと思います。

 

そもそも、欠点も環境によっては強みに変わる場合もあり、単に自分の力を活かせる場所が人によって異なるだけではないかとも感じます。

 

本書ストレングス・ファインダーは各人の「強み」に焦点を当て、診断結果からその強みをどう活かすかを考える極めて前向きな診断と言えます!

 

 

自分の診断結果について

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう! ということで、私も意気揚々と自分の資質を診断してみました。

その診断結果がこちら。

 

1.内省

考えることが好き、孤独を好むとかそんな内容

2.未来志向

未来のことに思いを馳せる夢想家らしい…

3.戦略性

選択と切り捨てを繰り返し、戦略を武器に行動するっぽい

4.収集心

好奇心が強いみたい

5.適応性

生来、非常に柔軟性が高いとのこと

 

こんな感じで自分の上位を占める5つの資質が順番に抽出されます。

同時にその資質の特徴も詳細に記述されております。

 

個人的な話で恐縮ですが、診断結果がどのくらい当たっているか自分を例に分析してみます。

 

あまり表立っては言えませんが、実は一人で行動するのが結構好きです。

 

また、読みたい本や挑戦したい投資、行きたい場所(変な所が多いですがw)は割とあるので好奇心が強いというのも当たっているかもしれません。

 

孤独を求めるだとか夢想家だとか、一見すると社会不適合な人間っぽいですね(笑)

そんな自分でも何とか社会でやっていけているのは僅かながら適応性があるからかな…

 

こんな感じで、少し怖いくらいしっかり診断されます。(全て当たるとはとは限りませんが)

 

ただ、一点だけ注意点を挙げるとすれば、質問に対して自分の心に正直に回答することです。

そうすれば、より正確性が高まると思います!

 

 

資質をどのように活かしていくか

 

ストレングス・ファインダーの診断結果は、単に自分の持つ資質の特徴がわかるだけではないんです。

なんと、資質の活かし方に関する行動のアイデアも記載されてます!

 

ここで提案されたアイデアの中から自分の心に響いたものをもとに実際に行動してみることになります。

 

それぞれの資質について私の場合は、

1.内省

自分の思考を刺激する書物を読むこと、考える時間を設けてそれを書き留めること

2.未来志向

未来のことを考える時間を設け、その思考を論理的に裏付ける準備をする

3.戦略性

自分の目標について熟考する時間を取ること

4.収集心

情報を保管し検索できるようにする、専門性を高める、興味のある本や記事を読む、得られた情報を活用し行動する

5.適応性

ルーティンワークを避ける、人に振り回されない、相手を安心させる

 

上記のような感じでした。(実際はもっと詳細に書かれており、結構端折りました。)

 

診断された結果から行動の指針まで提示してくれるのは非常にありがたい機能ですね。

内省の資質が一番高い私は、様々な本を読んでみるといいのかも。

 

 

とりあえず、ブログを書き続けようと思った

 

ストレングス・ファインダーの診断結果と行動のアイデアを自分なりに振り返ると、

本をたくさん読んで常に思考し、得られた知識や自分の考えをアウトプットすることで、専門性を高めて変化し続けましょう

といった感じでまとめられました。

(地味に難易度が高いのは気のせい?笑)

 

まとめてみて思ったのが、上記の事柄ってまさにブログを書くことではないかということ。

 

廃墟探索等を続けながら、読書や投資の勉強で幅広い知識を身につけ、それらをアウトプットして自分の知識を増やしていきたいところ。

 

このように、診断結果を分析したことでこれからも地道にブログを書き続けようと心に決めました!

 

 

今回は、自分の診断結果を例に書いたので個人的な話になってしまいましたが、資質や行動アイデアは全部で34個もあります。

そのため、パターンは3339万通り以上もあります。

(34個の中から5個並べる: 34 P 5

 

結果は診断を受ける人によって変化するので、多様な資質を見出すことができそうです。

 

欠点よりも強みに注目するのは新しいですね。

一人一人がそれぞれの資質を認識し、自分に適した方法で自己実現ができれば素晴らしいと思います!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

little entrepreneur

「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)