あきる野市 草花丘陵の大澄山頂上に建つ「世界平和観音堂」の廃墟を探索

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

今回は、GW中に探索した世界平和観音堂と呼ばれるお堂の廃墟を紹介します。

 

あきる野市の草花丘陵に位置する標高200m程度の低山「大澄山」の頂上に、謎の建造物があるとのことで実際に探索しました。

山の上に立つ廃墟であり、その名前からもなんだか胡散臭そうな感じがしますね(笑)

 

 

 

下草花のバス停から大澄山登山口へ

 

福生駅から下草花のバス停までアクセスしました。

例によって今回も、眼前に畑が広がる道を進みます。

 

最近、こういう景色をよく見る気がする(笑)

 

畑に囲まれた道をそのまま直進すると、大澄山の登山口が見えてきます。

 

山口からしばらく進むとあっさりと頂上に到着しました。

 

頂上には小屋があります。

一休みしようとすると、虫がわんさか群がってきた(笑)

標高が低く傾斜もなだらかなため、公園を散策するような感覚でした。

 

 

どこにも廃墟が見当たらない

 

事前に調べた情報によると、頂上付近に謎の建造物の廃墟があるはずですが、見たところどこにもありません…

いったいどこにあるのだろうか?

 

辺りを見渡すと、意味ありげな坂道が見つかりました。

詳細な場所についてはマップに表示がないため、直感的に進んでみます。

 

進んだ先は…

完全に藪でした(笑)

ここから先に進むのは厳しそうなので、別の道を探してみることに。

 

探してみると、階段っぽい物体が僅かに確認できました。

こちらも、あまり整備されていない感じ(笑)

 

先程の道よりは先に進みやすかったけど、草の茂り具合がなかなか凄く結構しんどかった…

 

 

苦労の末に世界平和観音堂とご対面

 

草木の茂る坂道をしばらく進むと、ついに建物らしきものが視界に入ってきました。

この古びた建物が「世界平和観音堂」です。

鬱蒼とした山の中にあるからか、一際存在感を放っている。

 

正面から撮影。かつては入口として機能していたであろう扉も倒壊してます。

 

お堂の目の前の枝にお札のような物体がぶら下がっていました。

「昭和天皇」と書かれてますね。

呪詛ってどういうことだろう。ちょっと怖い…

 

お堂の内部の様子です。祭壇は朽ち果てており、壁には落書きがたくさんあります。

 

ポツンと物寂しく置かれた椅子の残骸。静寂の山中でいったい何を思う…

 

これは素晴らしい窓枠。時の流れを感じます…

 

合掌造りのような屋根が特徴的ですね。

 

建物の全体像を別の角度からも撮影。

それにしても、自然に囲まれた場所にある廃墟は本当に綺麗で、思わずうっとりとしてしまいます…

 

ただ、のんびりカメラを構えていると、急に虫の羽音が聞こえてきて焦ることが多いのが困りもの(笑)

今回も写真を撮っている時に、いつの間にか数カ所、蚊に刺されていましたw

この季節から徐々に虫が増えてくるのが辛いところですね…(苦笑)

 

 

大澄山内部を軽く散策

 

廃墟を見たことで今回の目的を果たしてしまいましたが、ついでに山の内部も少し散策してみました。

 

道中、廃屋のような建物があったので遠目から撮影。

 

木造造りの螺旋階段です。自然環境とも絶妙にマッチしており素敵なデザインだ。

 

竹薮の付近には、立派なタケノコがたくさん生えていました。

 

登山口近くには神社があります。

 

 

登山口近辺の慈勝寺に寄り道

 

大澄山散策の前に、登山口付近にある慈勝寺にも立ち寄りました。

 

「静かに 起してね」なんだかほっこりした。

 

慈勝寺の本堂前にそびえたつこのモッコクの木は21.5mもあります。

通常のモッコクは低木のため、非常に珍しいらしいですよ。

 

大澄山の世界平和観音堂には以前、中に観音像が設置されていましたが、現在はこの慈勝寺で保管されているとのこと。

 

今回、来訪した世界平和観音堂は元来、地元の富豪が平和祈願を目的に建設したお堂らしいです。

今からおよそ半世紀ほど前に建てられたものであり、それなりに歴史のある建物みたい。

 

 

場所的な要因もありそうですが、いつの間にか忘れ去られて廃墟になっていたのかな…

このように、山の上で撤去されずにひっそりと残り続ける様はなかなか神秘的ですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

little entrepreneur

「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)