読書は「時間の無駄」で意味がない?それは間違いだ!読書の効果やメリット、おすすめの読み方などをブログでまとめる

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

今回は、読んだ本の感想をブログで発信している私が、読書の効果やメリット、自分が実践している読み方などを紹介します。

 

 

 

「読書の時間に意味はない」は間違いだ!

 

近頃ネット上などで、読書に対して「時間の無駄」だとか「意味がない」とかいう論調が見られます。

そして、彼らは口を揃えて「読むだけでは意味がなく、行動や実践に移せ」と声高に主張する。

 

果たして本当にそうでしょうか?

私は読むだけでは意味がないとは全く思いません。

 

以下に読書の効果やメリットを根拠にしつつ「読書の時間に意味はない」は間違いだと主張します。

 

 

読書の効果やメリットとは?

 

ここでは、私が個人的に考える本から得られることや読書のメリットをまとめていきます。

 

ひとくちに本とは言っても、小説や教養書、ビジネス書等その種類は様々です。

ここでは、純粋な物語小説はさておき、その他の主に自己啓発として活用できそうな本と定義します。

 

本を読むことは、著者の知識や経験、思考法などを自分の頭の中に取り入れて刻み込むことだと私は考えます。

そこから得た知識は、困難に直面した際や新しいことに挑戦する時など様々な状況で活用できるかもしれません。

そして、何より本を読むだけで自分の狭い視野がどんどん広がっていくことは間違いないです。

 

これらの事柄から導かれる読書のメリットは、

  • 先駆者が残した知識を学ぶことができる
  • 悩みや苦しみを解決するための知恵を拝借できる
  • 脳内に知識が蓄積されることで多様な物の見方ができるようになる
  • 物の見方が変われば、自分の常識の枠外へと視野が広がる
  • 外の世界を知ることで新しいことに挑戦するきっかけとなる

 

このように考えると、読書の可能性って限りなく広がると思いませんか?

 

 

頭に入るおすすめの読み方とは?

 

ここでは、私が読書をする際に実践している読み方を紹介します。

私の個人的なおすすめ読書法ということで参考程度にどうぞ。

 

読んだ本の内容をしっかりと自分の記憶に留めるには、何回か繰り返し読むことが望まれます。

しかし、最初から最後まで何度も読み返す時間はありませんし、なによりそのやり方では非効率です。

 

そこで、私がおすすめする読み方は、一周目に気になったところや重要な部分にマーカーをつけることです。

マーカーをつけることでその本で印象に残った部分が可視化されます。

そして、二周目以降は印をつけた部分を読み返すことになります。

 

また、重要と判断する時のポイントとして、私は文章中の「つまり」や「要するに」、「従って」等、筆者が主張をまとめる部分を重点的にチェックしています。

ただ、読書は自由に読むことが大切だと思うので、重要なところだけではなく自分が気になった部分はその都度マークするといいでしょう。

 

読書をする際に、本の内容で気になる場所や重要視する部分は人によって様々だと考えられます。

ここで書いたのはあくまで私個人の読書法であり、正しい読み方なんて存在しません。

 

読書をする上で大切なことは、自分にとってなにかしら「気づき」のようなものを得ることだと思います。

 

 

私が本を読んで発信する理由

 

私がブログで読書の感想を書いて発信する主な理由は、

 

  • 単純に読んだ本の内容を忘れないように記録すること
  • 実際に文章化することで、自分の思考をまとめること
  • 本から得た知識や気づきを多くの人と共有すること

 

人間の記憶力には限界があり、せっかく読んだ本も時が経てばいずれ忘れてしまいます。

そこで、自分が得たものをブログにアウトプットし、いつでも思い出すことができる備忘録にしたいと考えました。

 

また、なるべく内容をわかりやすく伝えるように努めているので、公開した記事を読めば何となく概要を知ることができると思います。

私自身、過去に様々な困難に直面した時に救いになった本が多いので、似たようなことで悩む人の助けになればという思いで書いています。

 

記事を読んで下さった方が、「読んで良かった」と思えるような内容にできれば嬉しいです。

 

 

読書で得た知識を実践できると尚良い

 

ここまで書いた内容から、本を読むことで新しい知識や思考が身につき、物の見方が変わることがわかると思います。

自分の視野が広がるだけでも、読書には意味があると自信を持って言えます。

 

ただ、冒頭にあるように行動や実践に移すことができれば、さらに良いのは間違いないでしょう。

私の場合は、ブログにまとめることで理解を深めたり、頭に残った知識をもとに実際の対人関係や新しいことへの挑戦に活かすようにしています。

 

いずれにしても、行動に移そうが読むだけだろうが読書によって得られるものは必ずあります。

 

というか、そもそも読書は自分が読みたいと思った本を好きなように読めばいいだけだし、最初から意味を求めて読む必要があるかどうかも微妙です。

わざわざ他人の読書法にマウントをとることこそ意味がないと思います。

純粋に読みたいと思った本を自分のペースで読めばいいんです。

 

ちなみに、今回は話題にしませんでしたが小説も普通に読みます。

特にホラー小説が好きですね。

いつか、おすすめのホラー小説をまとめてみようかな。

 

記事を読んで下さった皆さんに、新たな本との素敵な出会いがありますように!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

little entrepreneur

「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)