やる気が出ない、集中力が続かない時の対処法は?行動を起こすきっかけと集中力を高める方法を考えてみた

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

今回は、恐らく多くの人が悩むであろう「やる気が出ない」状態や「集中力が続かない」時の対処法について考察します。

 

どんな人に読んで欲しい記事か
  • なんだか無気力でやる気が起きない
  • 行動を起こすきっかけをつかみたい
  • 集中できない要因や集中力を高める方法を探している
  • やる気や集中力を発揮して自己実現をしたい人

 

これは仕事や私生活を問わず、私たちが何かに取り組む際には常について回る課題なように思います。

実際、この記事を書いている現在の自分自身がこの問題に直面しているかも(笑)

 

 

 

やる気が出ない理由を考えてみた

 

自分で目的を設定してみても、なかなかやる気が出ないことってありますよね。

 

私も常日頃から悩んでいるところです笑

そこで、やる気が出ない理由を自分なりに考えてみました。

 

面倒なことを先延ばしにする

 

今までの生活を思い返すと、先延ばし癖がやる気が出ない状態を生み出していたように思います。

 

やる気が出ないから先延ばしするとも考えられるかも。

これは鶏が先か、卵が先かって感じですね笑

 

頭では早く終わらせたほうがいいとわかっていても、なかなか自分の体が言うことを聞いてくれないんですよねw

 

そのため、いかにして面倒なことを先延ばしにする習慣を変えるかが課題になりそう。

 

 

対象が複雑でどこから手をつけていいかわからない

 

次に思い当たるのは、取り掛かろうと思っている対象が複雑でどこから手を付ければいいか迷う場合です。

これもやる気が出ない原因としては、始める以前の問題ですね笑

 

確かに、対象が複雑だと誰でもモチベーションは上がりにくいのが普通でしょう。

複雑な物事に対し、どのように単純化するのかを事前に考えるのが良さそうです。

 

 

疲れている時や体調が悪い時

 

これは頑張ってもどうにもならないですね。

 

疲れていたり具合が良くないときは、やる気が出ないのも集中力が続かないのも当たり前です。

無理をしたところで状況は悪化する可能性が高いでしょう。

 

そのため、休むことを最優先した方がいいです。

この際、誰かの迷惑になるかどうかは考える必要はありません。

 

むしろ早めに回復した方が周囲の迷惑にならないと思います。

仕事ではあなたの代わりはいてもあなた自身の代わりは絶対にいないです。

 

 

行動を起こすきっかけとは?とりあえずやってみる!

 

やる気が出ない原因を考えてみたところで、今度はいかにして実際に行動を起こすきっかけをつくるかを考えてみます。

 

これまで幾度となく悩んだ結果、行き着いた答えは

 

とりあえずやってみること。

 

なんだか拍子抜けするような結論ですが、結局これ以外に方法が思い浮かばなかったです。

 

最初は気が進まないことでも、始めてみると案外簡単にできてしまった経験とかってありませんか?

 

あれこれ考えるよりも先に取り組んでみたら、いつの間にか集中していた。

 

実際に手や頭を動かすうちに、自然と湧いて出てくる。

やる気」とはそういうものなのかも。

 

現に、この記事も書く前は全く気が進まなかったですが、いざ書き始めてみると意外にすらすらと書けました!

一応、実例ということでw

 

たとえ面倒でも複雑そうなことでも、とりあえず手をつけてみる。

 

特に、複雑そうなことはいくつかの作業にわけてみて小さな目標を立てるのもありかな。

 

 

集中力が続かない原因は?

 

せっかくやる気が出たとしても、今度は集中力が続かないこともあると思います。

ここでは、集中が切れてしまう理由を考えてみます。

 

  • 集中力の持続時間が過ぎた

 

個人差はあると思いますが、人間の集中力には限界があります。

単に集中力の持続時間が切れただけってこともあるでしょう。

 

そんな時は、少し休憩を取る必要があるかも。

自分の集中を継続できる時間がどのくらいかを把握できればよさそうですね。

 

 

  • 何か気が散る原因がある

 

集中力が続かないのは気が散るのと同義といえます。

 

そう考えると、何か自分の集中の妨げになるものが存在するかもしれません。

自分の集中の障害になる物事を発見し、取り除くことが望まれます。

 

 

集中力を高める方法を考えてみた

 

ここでは、いかにして集中力を高めるかを考えてみます。

 

時間的な目標を設定する

 

通常、仕事のようにやらなければならないことは、期限までにしっかり終わらせる習慣ができているでしょう。

どんなに意志が弱くても外発的な動機があればなんとかこなせるもの。

 

仕事と同様に自分の中で義務化してしてみるのはいかがでしょうか。

いつまでに何を終わらせるか、自分で期限と目標を設定するのは有効だと思います。

 

ただ、自発的に義務化するのは強い意志が必要であり、少し難易度が高いかもしれません。

自分で書いておきながら言うのもアレですが、私も厳しいかもw

 

 

適度に場所を変えてみる

 

集中が切れてしまった場合、別の場所に移動してみるのも手だと思います。

現在、私も実践していて気分転換になるので割とおすすめの方法かな。

 

家の中で場所を変えるのも良し、屋外に出るのもどちらでも良いです。

場所を変えてみると集中できることもあったりします。

 

 

集中できる環境を見つける

 

学生時代に自習室や図書館などに残って勉強した経験とかってありませんか?

 

私は昔から意志が弱いので、テスト前などは集中するためにそういった場所を利用した記憶があります笑

これは社会人になった今でも効果があると個人的には思います!

 

私には受験勉強から就職試験、そして現在に至るまで定期的に通っている図書館があります。

そこで勉強すると不思議とはかどるんです。

 

これまでの小さな成功体験を生み出してきたのは、その図書館といっても過言ではないです。

 

自分の中でここなら集中できる!って場所があるといいのかなと感じます。

また、それが複数あると尚良さそうですね。

(私も現在、探しているところです)

 

 

やる気と集中力のまとめ

 

こんな感じでダラダラと書いていきましたが、今回の記事を以下にまとめます。

 

やる気を出すための方法
  • とりあえず始めてみること。

 

集中力を高める方法
  • 期限や目標を自分で設定する
  • 別の場所に移動してみる
  • 自分が集中できる環境を見つける

 

多くの物事は、実際に手をつけてみるか何もしないかのシンプルな二択であり、厳密には「やる気」という概念は存在しないのかも。

 

不完全でも気が向かなくても始めてみて、集中できなくなったら色々と工夫を凝らしてみる。

退屈でつまらない方法論だけど、私が考える限りはこれが正攻法だと思います。

 

これらはあくまで私の主観で万人に適用できるか未知数ですが自分は有効でした。

記事を読んで下さった方も、自分の力を最大限引き出す方法を探してみては?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

little entrepreneur

「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)