凡人と自覚しているなら時間をかけて資産やスキルを形成するのが正攻法

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

 

突然ですが、私は凡人です。

凡人と自覚しているゆえに、日々の生活の中で自分の限界を感じる場面が多い。

 

そこで、今回は平凡な人間が成功するためには、どのように生きることが正攻法かを考えてみます。

ちなみに、ダジャレのつもりはないです笑

 

どんな人に読んで欲しい記事か
  • 凡人であることを自覚している
  • 平凡な人間だけど、いつか大成したい
  • 成長が遅い自分に焦りを感じている

 

 

凡人が大成するには長い時間が必要

 

人生100年時代、僅か4分の1程度しか生きていないですが、すでに自分という人間の限界を感じ始めています…笑

 

それゆえに、よく考えることがあります。

凡人が大成するには、どのように生きることが最適解かと。

 

これまで悩み抜いた上で出した一つの結論があります。

それは、時間をかけて資産やスキルを形成していくということ。

 

以前の私は浅はかにも、手っ取り早く成功者になりたいと考え、レバレッジをかけた投資やギャンブルに時間と労力を費やしました。

為替FXでいくらか資産を溶かしたり、仮想通貨の値動きに一喜一憂したり…

参考:

FX(外国為替証拠金取引)の損切り・失敗あるある

過去の為替FXの失敗をまとめた記事です。

 

FXで勝てない自分が「FX億トレ!」を読んで勝ち組トレーダーから教わったこと

当時は勝ちたい!と焦っていたんだなぁ…笑

 

また、スキルを身につけようと語学や資格取得のための勉強を始めるも三日坊主になり、やめたと思いきやまた始めたりを繰り返していたこともあります。

 

いずれも自分の中で学びにはなったので、全てが無駄ではなかったとは思いますが、もっと合理的に時間を使えたのかなと感じます。

こういうのは往々にして後になってから気がつくものなんですよね…笑

 

そして、色々と試行錯誤を繰り返してわかったことは、焦りの感情で動いた結果はたいていロクなものにならないということ。

人間、つい目先の利益にばかり目が行くものですが、凡人にとって一発に賭けるのは、期待できるリターンよりもリスクの方が大きいです。

 

焦る気持ちを抑え、近視眼的な視点ではなく長期的にコツコツと積み上げていくことが普通の人には最も合理的だと思います。

 

私も最初はすぐにお金持ちになりたいと思っていました。

しかし、様々な投資本を読んだり、投資家のフォロワーさんの知識等に触れ、最近は長期投資に落ち着きました。

参考:

投資苑で有名「エルダー博士のトレードすべきか、せざるべきか」を読了。投資初心者におすすめの本です!

トレーダー向けの本ですが、短期売買に関わらず投資を行う際のメンタルについて非常に参考になる本です。

 

kindleで「お金は寝かせて増やしなさい」を読みました。インデックス投資を始めます!

私はこの本でインデックス投資の存在を知り、積み立てNISAを始めました。

長期投資に挑む上でベースとなる考え方が身につく本だと思います。

 

スワップポイント積立投資で配当生活(南アフリカランド・メキシコペソ・トルコリラ)

少しリスクは高いですが、無理のない範囲でスワップ投資も始めました。

 

余程の運や才能に恵まれない限りは、腰を据えてゆっくりと時間をかけて学ぶ方がかえって近道なのかもしれません。

「急がば回れ」といった感じでしょうか。

 

これは投資に関わらず、あらゆる物事に言えると思います。

 

 

他人軸で生きるのをやめる

 

投資で資産形成をしたり、スキルを身につけるための自己研鑽をする上で個人的に障害になると思うことがあります。

それは、周りの人がどう思うのかという「他人軸」を気にして行動することです。

 

会社という組織に属し、毎月決まった給料が振り込まれると、ついそれが当たり前のことだと錯覚してしまいがちです。

通常は、給料とは別に資産形成をするとか、自己投資のために資格の勉強をする等という発想には至らないことが多いでしょう。

 

そのため、安定した身分にありながらも資産形成や自己研鑽に時間を割くのは、ある意味で孤独を伴うことかもしれません。

「意識高い系w」とか言われるケースもありますし。

 

ただ、自分の意思決定を他人軸に委ねるだけでは、一生みんなに気兼ねしながら生き続けることになりかねないです。

 

一度他人軸から離れ、本当の意味で未来の自分のためになることにお金や時間を費やした方が後悔が少ないかなと。

将来的に悠々自適な生活を送るためには、ある程度の時間を要するだけではなく「みんなと同じ」を捨てる勇気も必要だと思います。

 

 

他人との比較より昨日までの自分を超えること

 

私たちが前に進もうとした時、足を止めてしまう大きな要因の一つに他人との比較があると思います。

周りと比べて自分は…

という雑念で頭がいっぱいになってしまうと、動きが止まるどころか後退する可能性すらあります。

 

比較ってし出したらキリがないですよね…

世の中には様々な人がいて自分ができないことを他の人ができたり、またその逆も然り。

本来、比較そのものにはそれほど意味がないと思います。

 

ただ、自分が意図しなくても誰かが勝手に比較をしてくる場合もあるから、全く気にしないのは難しいところです。

自分のステータスから人を見下したり、嫌味を言ってくる人間も一定数いるので…

 

そういったノイズを完全に除去することは不可能ですが、気にしないようにする方法はあります。

 

それは、自分の中で何か目標をつくり、それを達成していくことで昨日までの自分を越えることです。

 

凡人として生まれてしまった以上、他人と比較し続けたところで絶対に幸福になれないと断言できます。

世の中には逆立ちしても敵わない凄い人がたくさん存在しますからね。

 

また、同じ凡人の中で自分が見下せる相手を探し、悦に浸るのも全く生産性がないことだと思います。

そんなことで得られるのは一過性の歪んだ充足感です。

 

他人との比較から自分を肯定するよりも、昨日の自分との比較から前に進めたと充足感を得る方がはるかに健全ではないでしょうか。

 

 

凡人として大成する

 

色々と悩み傷つきながらも必死に毎日を生きていれば、気づかぬうちに成長しているものだと思います。

私もこの記事を読んでいるみなさんも…

 

凡人が成功するための方法まとめ
  • 資産やスキルは時間をかけて形成する
  • 「みんなと同じ」という他人軸を捨てる
  • 比較対象は他人ではなく昨日までの自分

抽象化すると自分軸をしっかり持って地道に努力できることが大成するのに必要。

 

今回は考えつく限り、凡人が大成するにはどうすればいいのかをまとめてみました。

 

自分で言うのもアレですが、割と真理を突いていると思います。

色々と失敗した経緯があるし、なにより凡人という自覚がありますからね…笑

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

little entrepreneur

「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)