大学職員はつまらない事務仕事というイメージ?大学の面白い部分と仕事のやりがいを考えてみる

管理人の little entrepreneur(@litpre_libelife)です。

 

突然ですが、皆さんは大学職員という仕事にどのようなイメージを抱いていますか?

検索をかけてみると、必ずと言っていいほど「楽」「ホワイト」とか「つまらない」というワードが出てきます。笑

 

これらを総合すると、仕事はつまらないけどホワイトな環境でゆったりと働くことができるといった感じでしょうか?

 

以前、記事に書いたように大学職員は世間が思っているほど楽ではないです。

参考:

大学職員の仕事はホワイトでストレスが少ない?本当にまったりで楽なの?現役大学職員が現実を語ります!

 

一方、つまらないというイメージについてはどうでしょうか。

今回は私見ですが、大学職員の仕事で面白いところや働きがい等について考えてみます。

 

この記事でわかること
  • 大学職員の業務で面白いところ
  • 大学の事務仕事のやりがい
  • 大学における業務の多様さ

 

 

 

大学職員の仕事で面白い部分

 

大学職員の仕事で面白い要素ってなんだろう?

現役の事務職員の私が考えてみます。

 

協力的な人が多い

まず一つ目は、学内の様々な人と協力して仕事ができることです。

余程、特殊な部署に配属されない限り、基本的に他部署の人たちの力を借りて業務を遂行することになります。

 

親切で温和な人の割合が多いので、お互いに協力し合える土壌があるように思います。

これは私見ですが、業界全体として穏やかな人が集まりやすいのかなと。

(もちろん、例外で凶暴な人もいますよ!笑)

 

大学の行事に参加できる

次に面白いと感じる部分は、学内の多様な行事に参加できることです。

これは大学職員ならではの特徴だと思います。

 

式典やオープンキャンパス、試験等の業務は大学全体を挙げて行われる大きなイベントであり、担当部署以外にも募集がかかります。

 

いつもと違う仕事は多少不慣れではありますが、個人的には意外と新鮮な気分で業務を楽しめます。

これは人によるかもしれませんね。

残念なことに私は激務の部署にいるので、普段の仕事に比べればどんな仕事も面白いと感じてしまうかも…笑

 

イベント関係の仕事は休日出勤になることが多いですが、基本的に代休を取得できますよ!

 

 

実は多様な大学職員の業務

 

先ほども書いたように、世間一般のイメージでは安定はしているが地味でつまらなそうな印象が強い大学職員という仕事。

これについては確かに一理ありますが、全て当てはまるわけではないです。

 

というのも、一口に事務作業とは言っても意外と業務の幅が広いんです。

配属される場所によって全く異なる仕事をしており、大学職員は異動によって様々な業務をローテーションで経験します。

 

大学全体の総務、学生の生活や就職の支援、予算や経理等のお金に関わること、施設や財産を管理する仕事、教授の研究支援や会議の運営を行う場所等

上記以外にも様々な部署があり、ここには書ききれないくらいの多岐にわたる業務があります。

 

また、同じ部署内でも所属する係によって全く異なる仕事をする場合が多いので、色々な経験を積めること間違いなしです!

 

 

大学職員の仕事のやりがい

 

次は大学職員の仕事のやりがいについて書いていきます。

と思ったけど、考えたら大学の仕事って部署によって様々だから、やりがいも千差万別かもしれへん。

 

なかなか一括りにはできませんが、繁忙期を乗り越えた後の清々しい気持ちの時には「やりがい」を感じるのではないでしょうか。

もっとも、これは大学職員に限ったことではないかもしれませんが…笑

 

大学ならではの「やりがい」と言えば、学生さんの笑顔を見ることができた時かな。

(ここいらで、少しは大学職員らしいことも書いてみるw)

 

あとは、大学全体の大きなプロジェクトに微力ながら関わった時とか。

無事にイベントを運営できた時にもやりがいを感じますね。

 

恐らく、どんな環境下においても、自分にとっての「やりがい」を模索することはできると思います。

あとは、どんな人たちと働くかによっても大きく変わってくるので、若干運ゲーなところはあるかも。

 

だからこそ、仕事をする時のマインドはかなり重要だと思います。

どうせ働くなら、何事も楽しもうという心意気で取り組めるといいですね。

 

 

大学の仕事の面白いところとやりがいまとめ

 

最後に、大学職員の仕事の面白い部分とやりがい等について、今回の記事で書いたことをまとめます。

 

大学職員の仕事の面白い部分・やりがい
  • 穏やかで協力的な人が多い(はずですw)
  • 大学ならではの行事に仕事で参加できる
  • 業務が多岐にわたり、多様な経験を積むことができる
  • 繁忙期を乗り越えた後の清々しさ
  • 日々の仕事が学生の笑顔につながる!
  • 大がかりなイベントやプロジェクトを完成させた時の充実感

こうやって改めて考えてみると、一見地味な事務仕事にも結構やりがいはあるのだと気づきます。

極端な話、仕事内容云々よりも職員それぞれの考え方次第で仕事の面白さや働きがい等は大きく変わると言えますね。

 

色々とまとめてみて、私自身のモチベーションも僅かに上がったような気がします。

これで明日からも楽しく働ける!

 

 

 

嘘ですw

お休み取りたいよぉ…

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

little entrepreneur

「さとり世代」と呼ばれる若者です。 なんでもやりたがり屋な性格のため、現在は投資を中心として、いろいろなことに挑戦しております。 人生の目標は、自分らしく自由に生きること! 趣味:読書、廃墟探索、史跡巡り、音楽鑑賞、サッカー観戦、英語学習 投資:FX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨、インデックス投資、ETF(上場投資信託)